生物系リサーチユニット

筑波大学の最先端の生物系研究ユニット一覧

  • ホーム>
  • 生物系リサーチユニット
English

生物系リサーチユニット一覧

海洋生物学

代表者:生命環境系・教授 稲葉 一男

本研究グループでは、海洋生物学がもつ学術的・社会的重要性を鑑み、海洋生物や海洋環境に関する基礎研究、学際研究を展開する。これにより、ライフサイエンス、医学、水産学、環境科学など、多岐にわたる学問の知的基盤を築く。

map

生命の樹

代表者:生命環境系・教授 橋本 哲男

基礎生物学の研究拠点として活動するグループである。全ての生物の繋がりを表す生命の樹のもとで、進化を基盤に普遍性と多様性双方の面から分子・細胞生物学研究を展開し、生命の樹の根幹となる生命原理の再構築を目指すものである。

map

生物多様性・分類・生態研究ユニット

代表者:生命環境系・教授 町田 龍一郎

生物多様性、生態系、生物環境系相互作用の解析は生命の総合的理解に繋がり、このような生命への理解はわれわれ人類の将来に係る緊急課題解決において極めて重要である。本ユニットは、生物多様性、生態系の総合的な解析により、生命環境系の統合的理解を目指そうとするものである。

map

藻類研究

代表者:生命環境系・教授 鈴木 石根

本研究ユニットは、本学の藻類研究者を中心に藻類の多様性・生理学・生態学・生化学・分子生物学・ゲノミクス・天然物化学のエキスパートが有機的に連携し、次世代の藻類のバイオマスエネルギー生産システムの基盤技術から応用利用までを幅広くカバーした研究で世界をリードする。

map

感染生物学

代表者:医学医療系・助教 川口 敦史

本研究グループでは、感染現象の成立に関する理解を深めることを目指し、微生物・ウイルス・寄生虫3つの感染体の増殖機構と病原性発現機構の分子レベルでの研究を進める。さらに得られた成果を基盤に、新たな感染症制御法の確立と感染体のヒトへの有効利用を目指した研究を推進する。

map

神経分子病態解析学

代表者:医学医療系・教授 玉岡 晃

本研究グループでは、神経変性疾患における病因関連物質の分子病態を解明するために、神経内科学はもとより保健学、神経生化学、神経病理学、分子生物学など幅広い領域の研究者が協力しながら研究を推進している。

map

難治性免疫疾患・アレルギー発症の分子機構解析と分子標的治療開発

代表者:医学医療系・教授 住田 孝之

難治性免疫疾患およびアレルギー疾患を対象として、その発症の分子機構を明らかにし、発症機序に基づく免疫分子、免疫細胞を標的とした新規治療戦略を開発することを目的とする。

map

腫瘍特異的ヘム-ポルフィリン代謝を利用した診断・治療法開発

代表者:医学医療系・講師 松井 裕史

「なぜがんにポルフィリンが集積するのか?」はこれまで解明されていなかったが、本学脳神経外科、消化器内科を中心に葉酸担体SLC46A1の腫瘍特異的発現がその機序に重要であることが解明されつつあり、その機序を利用応用したがん治療法は筑波大学知財化済みである。本研究プロジェクトは脳神経外科、消化器内科、腎泌尿器外科によって構成されるチームで、腫瘍特異的ヘム-ポルフィリン代謝に関連する基礎的および臨床研究を行い、新たな診断・治療法を開発するものである。

map

血小板による新規肝疾患治療法開発

代表者:医学医療系・准教授 村田 聡一郎

われわれがこれまでに明らかにしてきた血小板の様々な病態制御作用(肝再生促進,類洞内皮細胞活性化,肝星細胞活性化抑制,肝線維化抑制)を応用し,難治性肝疾患に対する新規治療法を開発する.

map

シグナル伝達と疾患

代表者:医学医療系・教授 金保 安則

本研究プロジェクトでは、各種疾患におけるシグナル伝達破綻メカニズムを解明することを目的とし、シグナル伝達に関係した研究分野で独自の研究を推進している医学系教員がお互いに研究交流して、それぞれの研究を相乗的に活性化する。

map

前臨床がん研究

代表者:医学医療系・教授 野口 雅之

本研究グループはこれまで異なる切り口で独自に行われてきたがん研究を一層発展させながらも、これらの学際的に融合し、ヒトの発がん機構を統合的に理解する事を目的にしている。

map

神経生理学

代表者:医学医療系・教授 松本 正幸

本研究ユニットは、脳における情報処理機構の基本動作原理を、行動生理学、神経回路生理学、神経細胞生理学等の様々な神経生理学的アプローチにより解明することを目的としている。

map

統合的神経回路

代表者:医学医療系・教授 桝 正幸

本研究グループは、高次脳活動の基盤となる神経回路がいかに形成されて機能するか、その破綻がどのような病態と関連するかを、分子生物学、解剖学、発生学、遺伝学、生理学を統合して解明するこを目指す。

map

聴覚障害発症機序の解明に関する検討

代表者:医学医療系・教授 原 晃

内耳の発生異常や老化、また蝸牛虚血再灌流障害、音響性障害、耳毒性物質による障害などの各種内耳障害における転写因子、活性酸素、ステロイド剤やその受容体の影響を検討する。

map

心臓血管

代表者:医学医療系・教授 青沼 和隆

心脳血管死は全死亡の約30%を占める重要な疾患群であり、癌による死亡率に匹敵する人類の克服すべき大きな課題である。心臓血管病学の発展のための新たな創薬、テクノロジーの開発には、内科、外科,薬理学、循環器関連の基礎医学、疫学研究が一体となる必要性がある。
先ず筑波大学がhigh volume施設になる努力を惜しまず、臨床研究の推進を図る基盤を得ることが重要である。これから解決すべき問題点やテクニックとこれに要する器材の新規開発を目指して、臨床に即した研究を計画する。ただこの臨床のための研究に留まらず、その解決が必要な問題点の共有を基礎研究者(外部の共同研究者を含む)と綿密に行う。この際にCREILセンターの機能も大きくお借りしたい。
また、心臓血管病の研究に大々的に取り組んでいることを内外にはっきりとアピールして行くことも重要であり、これによって学外また海外の研究施設や研究者との交流を深めやすい環境を整える。特に海外の研究機関、先進医療機関との共同研究が重要と考えており、この交流の強化のために若手医師ならびに研究者の双方向の派遣を活発に行っていきたいと考えている。

map

がん看護・緩和ケア

代表者:医学医療系・教授 水野 道代

がんと診断され治療を受けた患者が、社会生活を送る上で体験する臨床上の問題を取り上げ、その概念構造を明らかにした上で、その問題を解決し、QOLを改善・維持・向上するための支援を組み立てて、その効果を評価する研究を行っている。

map

心肺脳蘇生

代表者:医学医療系・教授 田中 誠

動物実験で、心停止を誘発し、その後の心肺蘇生により臓器の虚血再灌流モデルを作成。
虚血再灌流障害のメカニズムと臓器保護効果のある薬剤の研究。

map

山岳域の全生物群生物多様性観測ATBI(All Taxa Biodiversity Inventory)プロジェクト

代表者:生命環境系・助教 出川 洋介

固有の生物相が危機に瀕する山岳域で、辛うじて良好な自然環境が守られた一地点(レフュージア)内に生息する全生物相を解明し、全生物間の相互作用ネットワークを網羅的に解析することで、世界で最も生物多様性情報が集約された研究教育フィールドを確立する。

map